エプソン NEW 3D液晶プロジェクター 「EH-TW6000W」
3D、ワイヤレス、そして明瞭な画質が新しい
大画面ライフを触発する

エプソン NEW 3D液晶プロジェクター 「EH-TW6000W」

取材・文:中林 直樹

ドリーミオがついに3D対応機へと進化

ここに大画面ライフの新たな楽しさを提案するプロジェクターを紹介したい。液晶式において常にイノベーティブな製品を送り出すブランド、そうエプソンのドリーミオの新製品だ。このEH-TW6000Wは、EH-TW3600の後継機という位置づけだが、単なるグレードアップにとどまってはいない。品番が示す通り、大幅な進化を遂げているのだ。これはドリーミオシリーズの歴史の中でも非常に大きなマイルストーンと言えよう。その理由は、まず、3Dに対応したことにある。これは現在のホームエンターテインメントの潮流を大きく下支えする機能である。しかし、これ見よがしの立体映像を創出するだけといった凡百の機器とは一線を画しているのが、このメーカーらしいところ。それは、とかく暗くなりがちなプロジェクターによる3D映像をオリジナル技術「Bright 3D Drive」によって明るさを確保したことにある。230Wの高出力E-TORLランプと、480Hz駆動対応のD9パネルを採用。240Hz駆動の場合との比較では約1.5倍以上という明るさを実現した。パネルは0.61型の透過型の高温ポリシリコンTFT(HTPS)液晶タイプで、解像度は1,920×1,080ピクセル。液晶方式はVA型無機配向のC2FINEとしている。無機配向とすることで、従来のパネルよりも黒を基調とした面作りが可能になったという。また、駆動速度を480Hzまで高め、メガネのブラックアウトタイムを短縮したことも明るさ向上の大きな要因となっている。3Dメガネはアクティブシャッター方式で一本を付属。単品「ELPGS01」としても販売される。

プロジェクター初の無線伝送も可能に

さらにワイヤレスでの伝送も可能だ。同時に発表された上位機種EH-TW8000Wのように末尾にWの付くタイプがそれに対応。WirelessHDと称する方式(60GHz帯のワイヤレスAV伝送技術)を採用しており、同梱される「WirelessHDトランスミッター」にHDMI端子を装備。プレーヤーやAVセンターからの信号を入力し、プロジェクター本体に信号を送ることができるのだ。なお、トランスミッターはプロジェクターの前面なら約10m、左右ならそれぞれ約5mの範囲をカバーする。これはプロジェクターのフロント部分に受信部があるためだ。ともかく、電源以外のケーブルが不必要だということは大きなアドバンテージである。それは現在ホームシアターを構築している読者なら多いに頷けることだろう。そして、3Dプロジェクターの登場が著しい昨今、買い替えとして何をチョイスすればよいのか、迷っている方ならなおさらのこと。以前コンポーネントタイプで敷設したケーブルを、大規模な工事なしに3D対応のHDMIにしたいのだが…と考え始めているとしたら、このWirelessHDは選択肢のひとつとして大きく浮上する。もしも、ケーブルの再敷設を考えていたとしたら、その分の予算をその他の機器のグレードアップに充当してもよいだろう。

セッティングに関してはタテの台形補正が自動で行えるのがありがたい。また、左右の補正は本体上部にある専用のレバーをスライドさせて調整する。焦点距離も短く、80インチワイドなら約2.4mの位置で確保できる。

ハイビジョンテレビに似た鮮やかな映像

アバック横浜店 店長 吉田知弘横浜店の店長吉田氏とともに視聴を行った。「大画面ハイビジョンテレビの普及にともなって、お客さまが求める画の傾向が変わりつつあります」と吉田氏。「これまでのプロジェクターは、とかくフィルムライクという言葉に代表されるように、映画館のしっとりとした映像に近づけようにする傾向が顕著でした。ところが、多くの方が家庭でハイビジョン映像を観られるようになったことで、くっきりとした画像を、映画においても好まれるようになってきたと感じています。だから、このプロジェクターもそういったお客さまにフィットするのではないかと思います」。確かにその通りだ。映画館で体験できるソフトな映像をホームシアターで追い求めることは、もはやノスタルジックな趣向であるかもしれない。第一、映画そのものの制作過程や画作りも、大きく進化を遂げているからだ。「そんな明るい画作りを、3Dでも体験できるのが最大の特徴です。しかも、手頃な価格で楽しめますから、これからホームシアターを始めたいという方にも十分魅力的なモデルだと思います。普段お使いのハイビジョンテレビがさらに大きくなって、しかも3Dに対応したというイメージでしょうか」。

3Dソフト『塔の上のラプンツェル』のチャプター7。手前の主人公と、その背景に流れる河といった描き分けが難しいシーンも、自然な奥行きで表現する。また、チャプター8の群衆が多く集うシーンでも、主人公たちを中心に、遠景まですっきりと見通しが良い。3Dのカラーモードは「3Dダイナミック」と「3Dシネマ」を用意。3Dシネマでは、やはり画がより柔らかくなる印象。「3Dシネマにしたからといって、明るさが損なわれてはいません。タッチが変わる感じです。また、素直な画づくりにも好感が持てました。だから、3Dだからといって構えて観ることはないと思います」。

続いてDVD時代からリファレンスとして活躍する2Dの『恋におちたシェイクスピア』。「やはり、これも明るくて力強い表現です。パネルの品位と、ランプのパワーを感じます。カラーモードをダイナミックにすれば、リビングで少し明るめの照明にしても十分に映像を楽しむことができるでしょう」。このように自然で明瞭な画質は、スポーツやテレビドラマなどを大人数で鑑賞する場合にも相応しいものだ。しかも3Dやワイヤレス対応という魅力的なフィーチャーも搭載している。だから、これまで映画一辺倒でプロジェクターに接して来たユーザーにこそ、一度体験してほしいモデルだ。映像コンテンツとの新しいつきあい方を必ずや触発してくれるはずだから。

EH-TW6000Wのリアパネル
EH-TW6000Wのリアパネル

NEWラインナップ
EH-TW6000W EH-TW8000W
EPSON EH-TW6000W
OPEN価格

SPEC
●解像度:1920×1080●明るさ:2200lm●コントラスト比:40,000:1●騒音レベル:24dB●デジタル映像入力:HDMI×2●スピーカー:10W●本体寸法:W420×H365×D137.3●質量:約6.2Kg
EPSON EH-TW8000W
OPEN価格

SPEC
●解像度:1920×1080●明るさ:2400lm●コントラスト比:200,000:1●騒音レベル:22dB●デジタル映像入力:HDMI×2●本体寸法:W466×H395×D140●質量:約8.5Kg


エプソン NEW 3D液晶プロジェクター 「EH-TW6000W」パイオニア NEW AVアンプ 「SC-LX85」
ヤマハ NEW AVアンプ 「AVENTAGE RX-A3010」MITSUBISHI LVP-HC9000Dのバージョンアップ開始!
上手なスクリーン選びこそホームシアター成功の鍵だ!2極化したBlu-Rayプレーヤー、買いのモデル。