トップ » ホームシアター » 隠蔽配線
ホームシアター
  • ご自宅を映画館に! ・・・・・ホームシアターなら国内最大級のホームシアター専門店・・アバック・・にお任せ下さい・・・

ホームシアターには欠かせない「隠蔽配線」。煩雑になりやすい配線を綺麗に隠すためのテクニックをご紹介しています。

隠蔽配線

テレビ台やラックに納めればよいだけのテレビ、オーディオと異なり、ホームシアターで利用するケーブルの数は非常に多いのです。

なぜならば、マルチチャンネルであれば5本以上のスピーカーケーブルが必要で、リアスピーカーには部屋の前から後ろまでケーブルを引き回ししなければなりません。
プロジェクターを天吊りにした場合なども、非常に長い距離距離の映像ケーブルの引き回しが必要になります。

薄型ディスプレイ

インウォールスピーカーを導入して露出配線を完全排除

このような配線を、専門的な知識もなく行った場合はどのようになるか、想像に難しくありませんよね。

AVラックの背面にはこんなにたくさんのケーブルが・・・

(AVラックの背面にはこんなにたくさんのケーブルが・・・)

ホームシアターの構築において、非常に重要な役割をもつのがケーブル類。一概にケーブルと申しましても、様々な種類のケーブルがございます。映像ケーブル(HDMI、D、色差、S、RCA他)、音声ケーブル(HDMI、オプティカル、コアキシャル、RCA他)、スピーカーケーブル(端末フリー、ウーファーケーブル、バイワイヤ用他)など種類も多岐に渡り、製造メーカーも多く存在します。当店では各ケーブルの特長やメーカーの相性をアドバイスできるのはもちろん、長さや実際の配線など様々なご提案をさせて頂く事もできます。


例えば・・・

壁の裏

壁の裏側を通したり(写真上)、

天井裏.JPG

天井裏を通したり(写真上)、

造作君

時には造作したケーブル収納用溝に通線したり(写真上~下)、

造作君2

様々なパターンで配線を目立たせないように設計していきます。その結果、埋め込みスピーカーなどによる超スッキリとしたスピーカーのセッティングなど、ユーザー様ご自身では難しい設置も可能になります。

埋め込みスピーカー

(音も良し、セッティングも良し、見た目も◎)

下の写真はGRANDアバック新宿店に設置している埋め込み型スピーカー/プレートの提案スペースです。豊富なアイテムを各種取り揃えておりますので、一見の価値ありですよ。

新宿店コーナー

新宿店コーナー2

出来るだけ美しいシアタールームを実現し、末永くお楽しみ頂ければと思います。

AVケーブル類を埋設して、出口もキレイに見せたいもの。
開口処理用のプレートは、さまざまなタイプのものを用意しています。

AVケーブル  Dsb15Pコネクタ(メス) AVケーブル キャノンコネクタ(オス)
AVケーブル スピーカーケーブルプレート AVケーブル BNCコネクタ(メス)
AVケーブル キャノンコネクタ(メス) AVケーブル RCAコネクタ(メス)
このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイート