• MENUCLOSE

アバックWEB-SHOP

ご注文のお申し込みは年中無休です。
WEBショップ受注センター営業時間
ご注文受付曜日:月曜日~金曜日
(土・日・祝は休業)
受付時間:AM10:00~PM6:00

mail:web-shop@avac.co.jp

WEBショップ受注センターでは
製品機能等のお問い合わせは承っておりません。
◆製品機能等に関するお問合せは
下記をご利用ください。

製品機能等に関するお問合せ先
TEL:050-3786-0844
FAX:050-3803-0637
※注文確定のご連絡やお問合せに対するご回答、商品の出荷は上記  営業時間内に順次行って参ります。予めご了承ください。
※アバック各店の営業時間、定休日はWEB-SHOPとは異なりますので、改めてご確認願います。

オーディオ&ビジュアル 中古&アウトレットショップ

トップ » ホームシアター施工例 » マイホームシアター15
ホームシアター
  • ご自宅を映画館に! ・・・・・ホームシアターなら国内最大級のホームシアター専門店・・アバック・・にお任せ下さい・・・

ホームシアターインストール例

Interview My Hometheater 05

白を基調とした明るいリビングルームでプラズマシアターとスクリーンシアターを使い分ける


スクリーンシアター

  

100インチワイドスクリーン

プラズマテレビの前に降りてくる100インチワイドスクリーン。映画や音楽ビデオ、スポーツなど趣味の映像を主に鑑賞。


 

壁掛けされたプラズマテレビは昼間にニュースやワイドショーを見る時などにテレビの代わりとして使われている。機材を入れる白い家具もお部屋の色に合わせて、とても美しく仕上がっています。

プラズマテレビ

 

プロジェクター

プロジェクターはコントラスト感がハッキリ出て、深みのある黒もきちんと映し出すSHARP製DLPプロジェクターをチョイス。

 

I様より、今計画している新築一戸建てのリビングルームにホームシアターを入れたいということで横浜店にご来店されました。早速計画図面を見せて頂いたところ、広めのリビングはとても良く空間設計された吹き抜け構造でした。白を基調としたお部屋のイメージと完成イメージをお聞きし、機材を選んでいくところから始まりました。リビングの吹き抜け空間の後方から投射出来る距離を持ったプロジェクター選びと、お部屋のデザインに合わせたスピーカーを選び、それをお部屋にどうレイアウトし、お部屋と調和させていくかが今回のキーポイントでした。機材を収納する家具についても収納位置と配線方法まで予め完成イメージを明確にして寸法設計を致しました。スクリーンを設置予定の壁については、すぐ左側が通路になっている為、決められた横幅の寸法で50インチプラズマテレビと100インチスクリーンをきっちり収める必要がありました。”フロントスピーカーがスクリーンに引っかからないか?”という点については細心の注意をはらって進めていきました。今回担当させて頂いた弊社の販売担当者も別部署のインストーラーと完成イメージを綿密に打合せし、とても完成度の高い”リビングシアター”が完成致しました。
   

リビングシアタールーム

まさに部屋の中心にある”リビングシアタールーム”。
ソファーでの鑑賞がベストポジションだが、後方のスペースや2階からでも映像が見てとれる。

 

後方に天吊されたプロジェクターを取り囲むようにサラウンドスピーカーが配置されている。スーパーウーファーはソファーの横に配置され、迫力の重低音が感じれる。

サラウンドスピーカー

 

プラズマテレビとスクリーンの併用システム

現在の”リビングシアターのトレンド”とも言える”プラズマテレビとスクリーンの併用システム。

このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイート