(株)アバックは『ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2017』に機材提供で参加します

フォルジュルネジャポン2017
5月4日(木)~6日(土)に東京国際フォーラム一帯を使って開催されるクラッシック音楽の祭典『ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2017』。催事の中で、クラシック専門チャンネルを運営する「クラシカ・ジャパン」が主催する4K収録のオペラ映像上映コーナーに、この度(株)アバックは機材提供として参加いたします。
- 極上のオペラを、いつでも特等席で鑑賞できる喜び ―
会場では2016年にクリスティアン・ティーレマンの指揮でスーパースター アンナ・ネトレプコとピョートル・ベチャワがワーグナーデビューを飾った話題の公演「ローエングリン」より、第3幕を4Kの高精細映像&5.1chサラウンドの極上ホームシアターシステムにて再生致します。この度アバックは、会場に用意される再生用機材の選定ならびに設営、音響・映像調整にて参加しております。150インチの大画面と、サラウンドシステムを駆使する事で、コンサート会場さながらの臨場感を再現。ホームシアター環境による再生では実際の開場での鑑賞とは違い、いつでも特等席にて、またご自身のペースで最高のライブパフォーマンスが体験できるのも魅力の一つです。  「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2017」ご参加のお客様は、是非ともお気軽にお立ち寄りください。
(c)Daniel Koch / Semperoper Dresden
【 視聴用機材 】
プロジェクター : JVC/DLA-Z1
スクリーン : OS/150インチパネル(ピュアマットシネマ)
スピーカー : KEF/THE REFERENCEシリーズ
AVアンプ : YAMAHA/CX-A5100・MX-A5000
パワーアンプ : ESOTERIC/Grandioso S1
AVラック : QADRASPIRE/Q4D
調音パネル : SOUND SPHERE/NEXT SERIES
【 催事の概要 】

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2017
◇◇ 催 事 名 ◇◇
「クラシカ・ジャパン」4K映像体感シアター
http://www.lfj.jp/lfj_2017/event/article_11_07.html
◇◇ 日 程 ◇◇
2017年5月4日(木・祝)・5日(金・祝)・6日(土)
◇◇ 開催場所 ◇◇
東京国際フォーラム・ガラス棟会議室「G405」
入場無料(満席、上映中はご入場をお断りする場合があります)
https://www.t-i-forum.co.jp/user/facilities/conference/
◇◇ 交通アクセス ◇◇
JR:有楽町駅より徒歩1分/東京駅より徒歩5分
日比谷線:銀座駅より徒歩5分/日比谷駅より徒歩5分
https://www.t-i-forum.co.jp/general/access/
◇◇ コーナー主催企業 ◇◇
クラシカ・ジャパン(株式会社東北新社)
◇◇ 協 力 企 業 ◇◇
株式会社アバック/KEF JAPAN Inc/JVCケンウッド株式会社
株式会社オーエス/株式会社ヤマハミュージックジャパン
有限会社フューレンコーディネート/エソテリック株式会社     
オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパン株式会社
【 「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」とは 】
1995年にフランスのナントで生まれた「ラ・フォル・ジュルネ」は、世界中から1000人以上のアーティストが集い、朝から晩まで複数のホールでコンサートを繰り広げる、まるでロックフェスのような音楽祭です。日本では2005年の初開催以来、毎年ゴールデンウィークに開催され、いまや大型連休の風物詩として定着。2007年の来場者数100万人を突破、2016年までの総来場者数は726万人を突破するなど、いまや世界最大級の音楽祭に成長を遂げました。  一流アーティストの演奏が、「1公演・約45分」「チケットは1,500円からのリーズナブル価格で」気軽に味わえ、無料のイベントも含めるとその数は300以上!クラシック音楽ファンのみならず、老若男女問わず気軽に楽しめる人気イベントです。
ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2017
公式ホームページ
http://www.lfj.jp/lfj_2017/

出店社ブース案内  http://www.lfj.jp/lfj_2017/event/article_11.html
【 「クラシカ・ジャパン」とは 】
日本で唯一のクラシック音楽専門TVチャンネルであるクラシカ・ジャパンでは、ヨーロッパを中心に厳選されたクラシック音楽番組が毎日24時間。話題のオペラやバレエ、室内楽、オーケストラやドキュメンタリーなど、バラエティに富んだプログラムで毎月100タイトル以上お楽しみいただけます。

衛星放送(スカパー!)、ケーブルテレビ(J:COM他CATV)、インターネット(ひかりTV)等でご視聴いただけます。
クラシカ・ジャパン  公式ホームページ
http://www.classica-jp.com/
■株式会社アバック

本社 神奈川県横浜市中区長者町3-8-13 TK関内プラザ4F
HP http://www.avac.co.jp/

創業から33年。アバックは北海道、宮城、埼玉、東京、千葉、神奈川、静岡、愛知、大阪、福岡、沖縄に19店舗を展開する、オーディオ・ビジュアルとホームシアターの専門店です。